青汁で野菜不足を補う

世の中に青汁という商品が出始めてしばらく経ちますので、商品改良もすすんで最近の青汁はまずくもないし匂いもくさくありません。

実に飲みやすくなった青汁ですが、これを飲むと一体どういった効果があるのでしょうか。

簡単にいうと、野菜不足の現代人のバランスを整えるのです。

人は健康に過ごすために野菜は一日350グラム以上の野菜が必要である、と言われています。

大人が両手を出してそこに一杯のるくらいの分量です。

内訳は緑黄色野菜が120グラム、淡色野菜が230グラム。これを毎日食べることは、実は結構大変です。

生野菜というのは大きく膨らんで、炒めたりの調理をしてボリュームを押さえないとそれだけで食べることは難しいですし、調理することで養分が失われてしまうこともあります。

ミキサーをもっていれば野菜ジュースなどを作って毎日飲む、という事も出来ますが、これがやってみればかなりの金額になるのです。

野菜は高い時期もあり、綺麗なものを選べばそれだけ金額は上がります。

これを粉末に加工して、飲むだけにしてくれているのが青汁というわけです。

これを毎日飲むことで、深刻な野菜不足を解消しましょう、という商品なのです。

野菜不足が深刻になると、便秘、肌荒れ、口中の荒れ、それからイライラしたり、骨がもろくなって骨折しやすくなるなどの症状が現れるといわれています。

野菜に含まれるビタミンA、C、それから食物繊維やカルシウムやカリウム。

これらの栄養素を効率よく体の中に取り込むことで、毎日両手一杯の生野菜をたべることができなくても野菜不足を克服できるのです。

また、中高年から一気に深刻化する高血圧問題も野菜をたくさん食べることで解決できます。

高血圧の原因であるナトリウムを体外へ排出するためのカリウムを野菜はたくさん含んでいます。

血圧の上昇を防ぐため、脳卒中や心臓病などにも対応できるのです。

なお、これは調理中に過熱すると水と一緒に流れてしまうので丸ごと煮込んで食べるような料理がいいでしょう。シチューやスープなどにたくさん野菜を使うようにして下さい。

それを簡単にするのは、青汁なのです。独身で一人用のご飯であれば、それほど大量に作りおきは居ない人も多いでしょう。そんな方が手軽で簡単で、そして忘れないように野菜をとるためにと青汁を飲んでいるようです。

非常に飲みやすくお勧めの青汁は「すっきりフルーツ青汁」です。

普段から野菜を食べる。だけど、足りない部分は青汁で補完する、それが現代人の賢い食生活です。

乳酸菌とオリゴ糖で便秘知らずに!

 

運動不足の方やストレスを抱えている方、そして、水分をあまり摂らない方の中にはひどい便秘で悩んでいらっしゃる人は多いのではないでしょうか。

特に、女性は腹筋が弱く、便秘体質な人は多いです。

症状があらわれても放置してしまう人もいますが、早めに改善しなければ腹痛や肌荒れ、吐き気などの症状に悩まされてしまいます。

食物繊維のものをたくさん摂取しているにも関わらず、なかなか改善されない人もいらっしゃるかと思いますが、そのような人たちには乳酸菌とオリゴ糖をおすすめします。

乳酸菌といえば、便秘に効くと言われるヨーグルトなどの乳製品にも含まれているのですが、乳酸菌を単独で摂るのではなく、オリゴ糖と一緒に摂る事をおすすめします。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、全17種類・1.7兆個の乳酸菌やオリゴ糖が配合されており、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果が期待できるのでおすすめです。

そもそも、なぜヨーグルトが便秘対策に効果的と言われているかと言いますと、ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌はビフィズス菌と違い、酸素がある環境の中でも生きていける上、小腸で悪玉菌を抑える性質を持っているからなのです。

悪玉菌を抑制する事で腸内環境を整え、腸の蠕動運動を活性化させます。

更に、菌やウイルスなど体にとって毒になるものを便として排出する機能を高める役割もあるため、体の免疫力を向上させる効果もあると言われています。

しかし、便秘を改善するためには乳酸菌を摂取するだけでは不十分です。

なぜなら、腸内環境を整えるためには良性の菌と呼ばれる、ビフィズス菌の数を増やさなければならないからです。

乳酸菌は小腸で悪玉菌を抑える役割があると述べましたが、ビフィズス菌は、大腸で腸内環境を良くするために働きます。そして、ビフィズス菌はオリゴ糖を栄養素として生きているのです。

つまり、ビフィズス菌がいないと排便に至るまでの機能が働かないため、重度の便秘になってしまうという事が分かります。

更に述べると、ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖は、小腸で吸収や分解をされるものと、大腸まで届くものがあります。

大腸まで届くものを、難消化性オリゴ糖と言われます。難消化性オリゴ糖は、大腸の蠕動運動を活発にする役割がある上、体には吸収されないため、ダイエット中の方も安心して毎日摂取する事ができるのです。

ひどい便秘になってしまうと、薬に頼る人がたくさんいます。

しかし、毎日薬を飲むことによって、体に慣れが生じてしまい、いずれ効果が感じられなくなってしまうでしょう。

また、薬物依存症にもつながってしまうため、頻繁に薬を飲まなければならないほど症状がひどい人には、おすすめできません。

そして、手軽な方法としてもう一つ、腸内洗浄というものがあります。

女性の間では流行している上、日本だけではなく海外のセレブもよく腸内洗浄を行うと聞きます。

方法として、腸内洗浄を扱うクリニックへ行き、腸の中に直接お湯を入れてお腹をマッサージし、強制的に排便を促すという方法です。

1回の施術で何度かお湯を入れたり出したりを繰り返し、最後に腸内環境を整えるサプリメントを摂取するクリニックがほとんどです。

この施術を受ける事で、一時的に便秘は改善されますが、体質が改善されるわけではないのであまりおすすめはできません。

また、まれに施術中、腸が傷ついてしまったなどの報告がある上、腸内の悪い菌も良い菌も全て流してしまうので、免疫力の低下にもつながる事があると言われています。

長期的な目で便秘を改善したいという方にはやはり、乳酸菌とオリゴ糖の両方を毎日摂取する習慣をつける事をおすすめします。

最近は、乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントやタブレットが通販などでも販売されているので、それらを購入して毎日摂取するのもひとつの手段です。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題の「フェカリス菌」を1.7兆個も配合していますし、さらに16種類の乳酸菌由来の成分が、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、健やかな腸内環境を維持し、健康・ダイエット・美容を同時に叶えてくれます。

食事に取り入れたいという方は、無糖のヨーグルトに難消化性オリゴ糖をかけて食べると毎日続けやすいです。

それだけだと物足りないという方は、その中にバナナやベリー系のフルーツを混ぜたり、レモンを軽くしぼって食べれば同時にビタミン摂取もでき、健康的な毎日を目指す一歩となるでしょう。

乳酸菌もオリゴ糖も、どちらも老若男女に関わらず、摂取する事が可能なので、家族で毎日の朝食に取り入れるのも楽しいかもしれません。

しかし、ひとつ注意しなければならない事があります。

基本的に、どちらも副作用はありませんが、下痢気味の人が同じヨーグルトを食べてしまうと、お腹がゆるくなってしまう事があります。

そのような時は、食べる量を減らすなどして調整してください。牛乳アレルギーがある方はヨーグルトが食べられないので、乳酸菌とオリゴ糖のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

実は、「乳」という文字が入っている乳酸菌ですが、実際は乳製品ではありません。

勘違いしやすい人もいますが、牛乳アレルギーの人でも、乳酸菌の摂取であれば全く問題ないのです。

サプリメントやタブレットは、健康食品を扱うお店でも、インターネットショッピングサイトでも販売されています。便秘に悩んでいる人は検討してみると良いでしょう。

 

便活で腸内環境改善して便秘薬に頼らない生活を送ろう!

 

便秘になると健康を損ないますし、美容にも良くありません。

そんな便秘改善には便活をするといいでしょう。便活の効果とはどうのようなものなのでしょう。また便秘薬に頼らない生活をするためにできる事は何でしょう。

 

☆便活とは何?

 

そもそも便活とは何でしょうか。

便活というのは、腸内環境改善をする事で気持ちがいい排便をする事を目的にする活動です。世の女性は綺麗になりたい人が多く、日々美容に熱心です。

ですが、化粧品の研究やメイクの研究ばかりの人もいます。 でも、綺麗になりたいなら体の内側から変えていかないと本当の美人にはなれません。

そのためにも腸内環境を良くする事は重要です。また便秘は女性をよく悩ませる症状に挙げられますが、便秘薬に頼らないでも解決できるようになるにはどうしたらいいでしょう。

それには腸内環境を良くして排便を促す事です。

 

☆腸内環境を良くする利点とは

 

腸内の環境を良くする事により得られる利点には何があるでしょうか。

まずは食品から新鮮で体に必要になる栄養素を摂取した後には、必要ないものは便としてスムーズに排出できるようになる事です。

便秘薬に頼らなくても排便をしっかりとできるのです。

したがって余計な老廃物が体内に入り込まなくなります。それにより、体内の環境が改善されて、いらない脂肪細胞なども減らす事ができます。

また、腸内環境が改善されると、代謝がアップし結果的に、血流も活性化して美肌になります。また肩こりや腰痛などの改善も期待できます。

また便活・腸活で便秘解消ダイエット効果も得られます。いろいろなダイエットに手を出したものの、思うように効果を得られない人は、原因が腸内環境にある可能性があります。

また、自覚症状がなく発見が遅れて重症になってしまう大腸がんも、腸内環境が乱れている人はその発症率が上がります。

 

☆便活するにはどんなやり方があるの?

 

方法は複数あります。そしてどれも便秘薬に頼らない生活を実現できる可能性があるやり方です。

まずは食事による便活。ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品は腸内環境改善に役立つ乳酸菌を増殖させるのに有効です。

その他にもアボガドやオクラなどの水に溶けやすい食物繊維は、便を柔らかくできて心地いい排便をサポートします。

次の方法は運動習慣をつける事です。便秘になる原因には便を押し出す力の低下が挙げられます。女性は便秘が多いのはその筋力が男性よりも弱いからです。腸内環境を整えても便を押し出す力が不足しては快便はできません。

普段から運動するといいです。特に無理のない程度に腹筋運動をするのもいいでしょう。

また腸マッサージも有効な方法です。食事により腸内環境を改善して、筋力をつけて便を排出する力を上げても、それでもなかなか便意が起きないという人もいます。

そこで、腸マッサージをしてみましょう。特にゆったりとお風呂に浸かった後に体が温まっているタイミングで行うといいです。

へその下3cmぐらいの所から、ゆっくりと『の』の字を書くように指先で押していきます。便秘気味の人は多少の痛みが伴う事がありますが、ゆっくりマッサージをする事により、腸が動くのが分かります。

また便秘になりやすい原因には水分不足もあります。人間の体はおよそ60%が水分で構成されています。この事からも分かるように水は動物が生きていく上でも重要なのです。

そして排便に関しても水の役割が大きいです。それを理解するには、消化から排出までの流れを理解するといいでしょう。

口から入った食物は胃と小腸で消化、吸収されてその残りが大腸に運ばれています。大腸に行き着いた食物の残りは始めのうちは水分を含む液体状のものです。

しかし、後で腸管を通過していく時に腸壁から水分を吸い取られます。そして直腸に到着するまでの間には固形物になっています。これが肛門から出てくるうんこの状態です。健康な状態であれば問題なく排便されます。

しかし、水分が不足している時はそうはいかないです。水分の内の80%は小腸で吸い取られます。そして残り20%のほとんどが大腸で吸収されます。

体の中に水分が足りなくなると、人間の体は体外へ排出する分の水分を減らすように働きます。そのために、便の水分は減ってしまい、その分硬くなります。すると便を出す時に出にくくなりますから、便秘に陥りやすいのです。

さらに水分が不足する事での問題点は他にもあります。便の中には消化されないままの成分も残っています。

その代表的なのは便秘対策に非常に有効である食物繊維です。便の水分が多くなると、食物繊維はその水分を吸い込んで大きく膨れます。

そのため便のカサが大きくなります。その事で腸が刺激を受けて、蠕動運動が活発になり排便が快適にできるようになるのです。逆に水分が不足していては便のカサが小さくなるので、便秘を起こす原因になるのです。

では水分が不足する原因は何でしょうか。それにはいくつか考えられます。

まずは、ダイエットの影響です。ダイエットのための食事制限が結果的に水分量までも下げてしまうからです。

それからむくみを気にする人も水分不足になりやすいです。それはむくむ事を気にするので水分を摂らないようになるからです。また冬などには水分量が不足しがちです。

寒い時には、喉の渇きを感じる事が少なくなるので、水分を摂らなくなるのです。でも人間の体は冬でも汗をかいています。

このように便活・腸活をする方法はいろいろですが、便の働きを良くできたら、便秘解消やダイエット効果が期待でき便秘薬に頼らない生活が送れます。