乳酸菌とオリゴ糖で便秘知らずに!

 

運動不足の方やストレスを抱えている方、そして、水分をあまり摂らない方の中にはひどい便秘で悩んでいらっしゃる人は多いのではないでしょうか。

特に、女性は腹筋が弱く、便秘体質な人は多いです。

症状があらわれても放置してしまう人もいますが、早めに改善しなければ腹痛や肌荒れ、吐き気などの症状に悩まされてしまいます。

食物繊維のものをたくさん摂取しているにも関わらず、なかなか改善されない人もいらっしゃるかと思いますが、そのような人たちには乳酸菌とオリゴ糖をおすすめします。

乳酸菌といえば、便秘に効くと言われるヨーグルトなどの乳製品にも含まれているのですが、乳酸菌を単独で摂るのではなく、オリゴ糖と一緒に摂る事をおすすめします。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、全17種類・1.7兆個の乳酸菌やオリゴ糖が配合されており、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果が期待できるのでおすすめです。

そもそも、なぜヨーグルトが便秘対策に効果的と言われているかと言いますと、ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌はビフィズス菌と違い、酸素がある環境の中でも生きていける上、小腸で悪玉菌を抑える性質を持っているからなのです。

悪玉菌を抑制する事で腸内環境を整え、腸の蠕動運動を活性化させます。

更に、菌やウイルスなど体にとって毒になるものを便として排出する機能を高める役割もあるため、体の免疫力を向上させる効果もあると言われています。

しかし、便秘を改善するためには乳酸菌を摂取するだけでは不十分です。

なぜなら、腸内環境を整えるためには良性の菌と呼ばれる、ビフィズス菌の数を増やさなければならないからです。

乳酸菌は小腸で悪玉菌を抑える役割があると述べましたが、ビフィズス菌は、大腸で腸内環境を良くするために働きます。そして、ビフィズス菌はオリゴ糖を栄養素として生きているのです。

つまり、ビフィズス菌がいないと排便に至るまでの機能が働かないため、重度の便秘になってしまうという事が分かります。

更に述べると、ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖は、小腸で吸収や分解をされるものと、大腸まで届くものがあります。

大腸まで届くものを、難消化性オリゴ糖と言われます。難消化性オリゴ糖は、大腸の蠕動運動を活発にする役割がある上、体には吸収されないため、ダイエット中の方も安心して毎日摂取する事ができるのです。

ひどい便秘になってしまうと、薬に頼る人がたくさんいます。

しかし、毎日薬を飲むことによって、体に慣れが生じてしまい、いずれ効果が感じられなくなってしまうでしょう。

また、薬物依存症にもつながってしまうため、頻繁に薬を飲まなければならないほど症状がひどい人には、おすすめできません。

そして、手軽な方法としてもう一つ、腸内洗浄というものがあります。

女性の間では流行している上、日本だけではなく海外のセレブもよく腸内洗浄を行うと聞きます。

方法として、腸内洗浄を扱うクリニックへ行き、腸の中に直接お湯を入れてお腹をマッサージし、強制的に排便を促すという方法です。

1回の施術で何度かお湯を入れたり出したりを繰り返し、最後に腸内環境を整えるサプリメントを摂取するクリニックがほとんどです。

この施術を受ける事で、一時的に便秘は改善されますが、体質が改善されるわけではないのであまりおすすめはできません。

また、まれに施術中、腸が傷ついてしまったなどの報告がある上、腸内の悪い菌も良い菌も全て流してしまうので、免疫力の低下にもつながる事があると言われています。

長期的な目で便秘を改善したいという方にはやはり、乳酸菌とオリゴ糖の両方を毎日摂取する習慣をつける事をおすすめします。

最近は、乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントやタブレットが通販などでも販売されているので、それらを購入して毎日摂取するのもひとつの手段です。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題の「フェカリス菌」を1.7兆個も配合していますし、さらに16種類の乳酸菌由来の成分が、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、健やかな腸内環境を維持し、健康・ダイエット・美容を同時に叶えてくれます。

食事に取り入れたいという方は、無糖のヨーグルトに難消化性オリゴ糖をかけて食べると毎日続けやすいです。

それだけだと物足りないという方は、その中にバナナやベリー系のフルーツを混ぜたり、レモンを軽くしぼって食べれば同時にビタミン摂取もでき、健康的な毎日を目指す一歩となるでしょう。

乳酸菌もオリゴ糖も、どちらも老若男女に関わらず、摂取する事が可能なので、家族で毎日の朝食に取り入れるのも楽しいかもしれません。

しかし、ひとつ注意しなければならない事があります。

基本的に、どちらも副作用はありませんが、下痢気味の人が同じヨーグルトを食べてしまうと、お腹がゆるくなってしまう事があります。

そのような時は、食べる量を減らすなどして調整してください。牛乳アレルギーがある方はヨーグルトが食べられないので、乳酸菌とオリゴ糖のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

実は、「乳」という文字が入っている乳酸菌ですが、実際は乳製品ではありません。

勘違いしやすい人もいますが、牛乳アレルギーの人でも、乳酸菌の摂取であれば全く問題ないのです。

サプリメントやタブレットは、健康食品を扱うお店でも、インターネットショッピングサイトでも販売されています。便秘に悩んでいる人は検討してみると良いでしょう。

 

ダイエット効果ありの乳酸菌で痩せましょう!

 

痩せたいと思ってダイエットをはじめてみても、挫折してしまうことが大半です。

体重を減らすには運動でのカロリー消費や食事制限をすることになるので、負担となって長続きしないことが失敗の原因となっています。

何度もダイエットに挑戦して途中で止めてしまった経験のある方には、乳酸菌を利用して痩せる方法が向いています。

この方法は食べたい物を我慢したりすることなく、普通の食事を摂りながら痩せられるメリットを持っています。

乳酸菌は乱れた腸内の環境を整える力があることで、健康食品業界などでは知られています。

現代人は精神的なストレスや偏った栄養バランスや運動不足などで、腸の働きが悪くなっている傾向があります。腸は機能が低下すると人体の健康を阻害する悪玉菌と呼ばれる菌が増殖するようになり、体に様々な問題が出るようになるのです。

悪玉菌は体を太りやすくする性質があるので、この菌が体重増加を招いている一つでもあります。

乳酸菌は悪玉菌と逆の働きをする、体に良い善玉菌を腸内に増やす作用があります。乳酸菌を摂ると悪玉菌が減って善玉菌が増えるので、太る元となる菌が少なくなることによりダイエット効果が発揮されます。

腸内から悪玉菌が減ることで痩せやすくなるのは、腸内の機能の働きが向上することによってお通じの状態がスムーズになることからです。

便は摂った食べ物の中で体の健康維持に不必要な成分を、体外に出す役目を担っています。善玉菌が少ないと、体に必要のない成分を体の中から出す排出機能が働かなくなります。

便が腸内にとどまることによって、便に含まれる不必要な成分である脂肪分や糖分が血液に吸収されてしまうので、血液の状態や流れが悪くなり体に脂肪がたまりやすい状態となってしまうのです。

乳酸菌の働きで善玉菌が増えるようになり、腸の機能が活性化されることで便も外に出るようになり、脂肪がつきやすくなることを防ぐことができるようになります。お通じが良いと毒素が体にたまらなくなるので、肌やキレイになれるという嬉しい美容効果も得られます。

乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、腸内環境を良くして自然にスッキリ便秘解消したり、免疫力を高めたり、コレステロール値を下げたり、お肌がキレイになったりといろんな効果をもたらしてくれます。

乳酸菌が腸の働きを良くすることは、脂肪燃焼に欠かせないものである新陳代謝の機能が活性化されることにもなります。

腸内で悪玉菌が善玉菌よりも圧倒的に多いと、体が酸化しやすい状態になります。毒素が体の外に出されなくなるので、体内に活性酸素が増えるようになるためです。

活性酸素は体にあると、深刻な病にかかりやすくなるリスクがあります。がんが生活習慣病などは、活性酸素による体の酸化が関係しています。

活性酸素は新陳代謝機能も低下させる作用があるので、悪玉菌が多くあることで脂肪燃焼も妨げられます。善玉菌の活躍により活性酸素が抑制されることで、新陳代謝機能も改善されるようになります。

新陳代謝機能がきちんと働くようになることで、体に余分な脂肪がつかないようになりダイエットが成功しやすくなります。

体重を適正に保つには、ホルモンバランスが良好であることも重要とされています。

ホルモンは自律神経にも働きかけるので、ホルモンバランスが良いことは自律神経の安定にもつながるためです。腸内環境の乱れは、ホルモンバランスにも影響をおよぼします。

ホルモンは新陳代謝の機能を左右されるので、新陳代謝の機能に問題が起こると分泌量も不足するようになってしまいます。

お通じが良くなり新陳代謝機能の問題も解消されることによって、ホルモンの分泌量も増え自律神経の機能も整えられ、体がより痩せやすいようにされていきます。

自律神経が安定していると、疲労回復などもされやすくなる効果があります。

痩せやすい体質になれる効果が期待できる乳酸菌でのダイエットは、食事の中に乳酸菌を多く含んだ食品をメニューに加えるようにするだけです。

含まれている食材はヨーグルトや乳製品、納豆や漬物などの発酵食品となります。

この食材をおかずやデザートで、積極的に摂るようにしましょう。動物性たんぱく質を好む人も多いですが、乳酸菌の働きを活かすには控えることを心がけます。

相性が良いのは食物繊維となるので、食物繊維が豊富な緑黄色野菜と合わせて食べると、ダイエット効果がより高まります。

食物繊維は食後の血糖値の上昇やコレステロール値を抑える効果があるので、痩せるためにも摂って損のない食べ物です。

もっと効率良く摂りたいと希望するのなら、数粒で充分な必要量を摂ることができ体内への吸収率も良い、サプリメントが適しています。

乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題のフェカリス菌を1.7兆個も配合しています。さらに16種類の乳酸菌由来の成分が、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、健やかな腸内環境を維持し、健康・ダイエット・美容を同時に叶えることができます。

ダイエット効果を早く実感したい場合には、乳酸菌を摂ることと合わせて軽い運動も行うと効果が出るのが早まります。

脂肪燃焼効果のあるウオーキングなどを散歩として、日常で行ってみるのはいかがでしょうか。ウオーキングは全身の筋肉を使うことができ、健康効果のある足の裏が刺激されるので健康促進にも良いです。

お風呂の中で軽くストレッチするのも、脂肪燃焼を活性化さえることが可能です。

 

乳酸菌の花粉症への効果!

 

乳酸菌は、糖分を分解して乳酸を作ることによってエネルギーを作る細菌の総称です。

様々な種類があり、乳酸菌飲料やチーズ、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品を作るときには必要不可欠な菌になります。

人の腸内にも生息しており、善玉菌を増やす働きがあります。

善玉菌は腸内を酸性にして、侵入してくる有害な菌を退治する感染防御や免疫力を高める、腸内のぜん動運動を促したり、悪玉菌を減らして増殖を抑制したり、消化吸収を補助、ビタミンの合成、たんぱく質の合成に関わっており、意識的に乳酸菌を摂取することによってこれらの働きを活発化させることができるようになるとされています。

人の体に様々なメリットがある乳酸菌ですが、近年では花粉症にも良いとして注目されています。

花粉症は、アレルゲンとなる花粉が体内に入ることによって免疫機能が過剰に反応することによって引き起こされる症状です。

体はウイルスや細菌などが侵入すると体に害が及ぶ前に、白血球ないのリンパ球にある免疫細胞が攻撃をすることでウイルスや細菌を撃退します。

この時抗体を作って同じウイルスや細菌が侵入した時にスムーズに撃退できるようになります。この抗体を「lgE抗体」と呼びます。

花粉はウイルスや細菌と同じように体に害のあるものだと判断されることで、lgE抗体が作られるようになります。この抗体が蓄積され、ある水準を超えると花粉症が発症してしまうのです。

また、免疫細胞であるさアレルギー反応を促す細胞と、アレルギー反応を抑える細胞のバランスが崩れるのも原因のひとつだと考えられています。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取することによって、lgE抗体が作られるのを抑えることができるほか、アレルギー反応を抑える細胞の働きを強めることによって花粉症を改善することができることがわかっています。

また、乳酸菌には、腸内で悪玉菌と善玉菌のバランスを整える効果があり腸内環境を良くすることができます。腸内環境が良くなれば便秘の改善につながり、免疫力を向上させることができます。

花粉症の悪化する原因の一つが悪玉菌で、腸内環境が良くなれば花粉に対して免疫機能が過剰反応してしまっている状態を緩和することにつながります。

効果的な乳酸菌としては、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても高い効果を得ることができる「フェカリス菌」、アレルギー反応を促す細胞を活性化させる物質を抑えることのできる「L-92乳酸菌」、血中の抗体の抗体濃度を低下させてアレルギーに反応を促したり、抑えたりする細胞のバランスを整える効果のある「KW乳酸菌」などが挙げられます。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題のフェカリス菌を1.7兆個も配合していますので、おすすめです。美味しいヨーグルト味で、水に溶かして飲んでもOKですし、無加糖ヨーグルトに混ぜて食べても、爽やかな酸味やコクがプラスされて美味しいです。

通常は乳酸菌を普通に摂取するだけでは、胃酸や胆汁などによって死んでしまいます。

死んでしまった菌でも、腸内にもともと生息している善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす働きがありますが、その効果はしっかり効果があるとは言い切れないものです。

生きた乳酸菌を定着させるのは困難なため、効果を出すためには毎日継続して摂取していく必要があります。

大量に摂取するのも改善につながるとも言えないため、まずはしっかり規則正しい生活や軽い運動、栄養バランスのとれた食事に気を使って腸内を善玉菌が活動しやすい状態にすることが基本となります。

その上で、生きて腸まで乳酸菌を届けることができるように設計されているサプリメントなどを摂取していくことがオススメです。

サプリメントではなく食べ物で摂取したいという場合には、ポイントがあります。

ヨーグルトや漬物などの発酵食品から、乳酸菌を摂取てい花粉症を予防したいという場合には、花粉を腸が吸収する前に食べるようにしていくことが大切です。

また、くしゃみを抑える効果のあるビタミンB6が含まれているバナナやアレルギーを抑える効果のあるGAPDHという酵素の含んでいるイチゴと組み合わせることによってヨーグルトと一緒に食べることでより高い効果を期待することができます。

発酵食品のひとつである納豆は、乳酸菌で腸内環境を整えるほか、ムチンという成分が含まれており粘膜を保護する効果やセレン、たんぱく質、亜鉛などのアレルギー緩和作用や粘膜補修作用のある成分を豊富に含んでいるため花粉症対策には効果的な食材といえます。

ただし、ヨーグルトは砂糖と一緒に食べてしまうと免疫力低下を防ぐために必要なビタミンBなどの働きを低下させてしまいます。

ヨーグルトに甘みがつけたいという場合には、未精製でミネラルなどが豊富な黒砂糖や善玉菌を増やす働きのあるオリゴ糖や蜂蜜などを入れて食べるようにしていきます。

同じ種類のヨーグルト摂取していても体質が合わなければ効果がないとされているため、自分の体質に合っている乳酸菌の含んでいる商品を摂取することが大切です。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、相性の良い乳酸菌が誰にでも見つかるように、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合していますので、質の高い多種類の乳酸菌を一度に多く摂取することができます。

自分の体質に合う乳酸菌を摂取し、免疫力を高めアレルギー緩和&腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌の花粉症への効果は食べて数時間で出てくるものではないため、発酵食品やサプリメントを継続して摂取していくことで効果を出すことができるということを理解して摂取していくことが重要となります。