乳酸菌とオリゴ糖で便秘知らずに!

 

運動不足の方やストレスを抱えている方、そして、水分をあまり摂らない方の中にはひどい便秘で悩んでいらっしゃる人は多いのではないでしょうか。

特に、女性は腹筋が弱く、便秘体質な人は多いです。

症状があらわれても放置してしまう人もいますが、早めに改善しなければ腹痛や肌荒れ、吐き気などの症状に悩まされてしまいます。

食物繊維のものをたくさん摂取しているにも関わらず、なかなか改善されない人もいらっしゃるかと思いますが、そのような人たちには乳酸菌とオリゴ糖をおすすめします。

乳酸菌といえば、便秘に効くと言われるヨーグルトなどの乳製品にも含まれているのですが、乳酸菌を単独で摂るのではなく、オリゴ糖と一緒に摂る事をおすすめします。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、全17種類・1.7兆個の乳酸菌やオリゴ糖が配合されており、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果が期待できるのでおすすめです。

そもそも、なぜヨーグルトが便秘対策に効果的と言われているかと言いますと、ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌はビフィズス菌と違い、酸素がある環境の中でも生きていける上、小腸で悪玉菌を抑える性質を持っているからなのです。

悪玉菌を抑制する事で腸内環境を整え、腸の蠕動運動を活性化させます。

更に、菌やウイルスなど体にとって毒になるものを便として排出する機能を高める役割もあるため、体の免疫力を向上させる効果もあると言われています。

しかし、便秘を改善するためには乳酸菌を摂取するだけでは不十分です。

なぜなら、腸内環境を整えるためには良性の菌と呼ばれる、ビフィズス菌の数を増やさなければならないからです。

乳酸菌は小腸で悪玉菌を抑える役割があると述べましたが、ビフィズス菌は、大腸で腸内環境を良くするために働きます。そして、ビフィズス菌はオリゴ糖を栄養素として生きているのです。

つまり、ビフィズス菌がいないと排便に至るまでの機能が働かないため、重度の便秘になってしまうという事が分かります。

更に述べると、ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖は、小腸で吸収や分解をされるものと、大腸まで届くものがあります。

大腸まで届くものを、難消化性オリゴ糖と言われます。難消化性オリゴ糖は、大腸の蠕動運動を活発にする役割がある上、体には吸収されないため、ダイエット中の方も安心して毎日摂取する事ができるのです。

ひどい便秘になってしまうと、薬に頼る人がたくさんいます。

しかし、毎日薬を飲むことによって、体に慣れが生じてしまい、いずれ効果が感じられなくなってしまうでしょう。

また、薬物依存症にもつながってしまうため、頻繁に薬を飲まなければならないほど症状がひどい人には、おすすめできません。

そして、手軽な方法としてもう一つ、腸内洗浄というものがあります。

女性の間では流行している上、日本だけではなく海外のセレブもよく腸内洗浄を行うと聞きます。

方法として、腸内洗浄を扱うクリニックへ行き、腸の中に直接お湯を入れてお腹をマッサージし、強制的に排便を促すという方法です。

1回の施術で何度かお湯を入れたり出したりを繰り返し、最後に腸内環境を整えるサプリメントを摂取するクリニックがほとんどです。

この施術を受ける事で、一時的に便秘は改善されますが、体質が改善されるわけではないのであまりおすすめはできません。

また、まれに施術中、腸が傷ついてしまったなどの報告がある上、腸内の悪い菌も良い菌も全て流してしまうので、免疫力の低下にもつながる事があると言われています。

長期的な目で便秘を改善したいという方にはやはり、乳酸菌とオリゴ糖の両方を毎日摂取する習慣をつける事をおすすめします。

最近は、乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントやタブレットが通販などでも販売されているので、それらを購入して毎日摂取するのもひとつの手段です。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題の「フェカリス菌」を1.7兆個も配合していますし、さらに16種類の乳酸菌由来の成分が、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、健やかな腸内環境を維持し、健康・ダイエット・美容を同時に叶えてくれます。

食事に取り入れたいという方は、無糖のヨーグルトに難消化性オリゴ糖をかけて食べると毎日続けやすいです。

それだけだと物足りないという方は、その中にバナナやベリー系のフルーツを混ぜたり、レモンを軽くしぼって食べれば同時にビタミン摂取もでき、健康的な毎日を目指す一歩となるでしょう。

乳酸菌もオリゴ糖も、どちらも老若男女に関わらず、摂取する事が可能なので、家族で毎日の朝食に取り入れるのも楽しいかもしれません。

しかし、ひとつ注意しなければならない事があります。

基本的に、どちらも副作用はありませんが、下痢気味の人が同じヨーグルトを食べてしまうと、お腹がゆるくなってしまう事があります。

そのような時は、食べる量を減らすなどして調整してください。牛乳アレルギーがある方はヨーグルトが食べられないので、乳酸菌とオリゴ糖のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

実は、「乳」という文字が入っている乳酸菌ですが、実際は乳製品ではありません。

勘違いしやすい人もいますが、牛乳アレルギーの人でも、乳酸菌の摂取であれば全く問題ないのです。

サプリメントやタブレットは、健康食品を扱うお店でも、インターネットショッピングサイトでも販売されています。便秘に悩んでいる人は検討してみると良いでしょう。